鹿児島県斎場.compowered by いい葬儀

0120-961-513

0120-205-530

通話無料24時間365日受付

  • 鹿児島市北部斎場

    鹿児島市鹿児島市北部斎場

  • 玉泉院郡元会館

    鹿児島市玉泉院郡元会館

  • 池田葬祭やすらぎ苑

    鹿屋市池田葬祭やすらぎ苑

  • 家族葬ツーハート西原

    鹿屋市家族葬ツーハート西原

  • 玉泉院谷山会館

    鹿児島市玉泉院谷山会館

  • 玉泉院中央会館

    鹿児島市玉泉院中央会館

  • 玉泉院大口会館

    伊佐市玉泉院大口会館

葬儀をお急ぎの方

0120-205-530

通話無料・24時間365日いつでも受付

電話でのご相談の流れ

鹿児島県のおすすめ斎場・葬儀場一覧

190件中21~40件表示

190件中21~40件表示

鹿児島県の葬儀情報

鹿児島県の葬儀でのしきたりや風習

鹿児島県では、故人の枕元に一杯のご飯を枕飾りとして供える風習があります。「枕飯」や「じつの飯」、「一膳飯」などと呼ばれ、茶碗に丸く白米をよそい、箸をその頂上に刺します。一部地域では、このじつの飯の他にお茶やみそ汁なども供える場合があるようです。
他にも、別れ飯や別れ杯と呼ばれる風習が残っている地域もあります。別れ飯とは、出棺前に食事をとることを言い参列者にも振る舞われることがあります。最近では、葬儀社での葬儀が増えたため別れ飯を省略する場合が多く、代わりに火葬中に食事をとることが多いようです。県南部に残る別れ杯は、納棺の際に焼酎を故人に少量かけることを意味しています。

鹿児島県のその他葬儀に関する特色

鹿児島県では、葬儀の後に初七日法要も済ませてしまう場合が多々あります。遠方の親族を配慮してのことですが、普段はあまり顔を合わす機会のない親戚も故人の死によって遠方から引き寄せられた、という意味でこの法要のことを「ひきよせ」と呼びます。また一部地域によっては、通夜に参列する際に香典とは別に通夜見舞いが必要となる場合があります。大抵の場合には、最中やお菓子をお供えします。最中が通夜見舞いとして多く用いられる理由として、「もうなか」と言う鹿児島弁が由来しているという説があり、「もういない」という方言の「もうなか」と最中を掛けていると言われています。

「鹿児島県斎場.com」姉妹サイト